Fandom


「やあ、トーマス!僕ガチャピン、日本から来たんだ。」
「あの、あの、私はムックです。」
「やあ!よく来たね!」
—ガチャピン・ムックとトーマス

ひらけ!ポンキッキ・スペシャル きかんしゃトーマスとイギリスのたびは、1991年年末に放送されたフジテレビの特別番組。

内容

ひらけ!ポンキッキのマスコットキャラクターのガチャピン・ムックがトーマスやなかまたちに会いにイギリスへ行き、その後トップハム・ハット卿に勧められた保存鉄道を巡るという企画。

製作

ABrittAllcroftProductionInAssociationWithFujiTelevisionNetworkInc

第3シーズンの英国版エンドクレジット

1991年、フジテレビがこの特番の企画をブリット・オールクロフト社に提出しました。すると、ブリット・オールクロフトが絵コンテの提示を要請してきたため、菅野温夫は一晩で絵コンテを書き上げて提出しました[1]

そして、秋頃[2]にグループ会社のFCIロンドンの撮影協力、日本航空英国政府観光庁とKENSINGTON, Inc.の協力によってイギリスでのロケが行われました。また、ブリットオールクロフトグループリミテッドの撮影協力によってシェパートン・スタジオでの第3シーズン製作中に番組専用の映像が撮影されました[3]

特番は、第3シーズン放送開始前年の1991年年末に2日連続で放送されました。

場所

キャスト

ナレーター 森本レオ
ガチャピン 雨宮玖二子/大坂昭一
ムック 松田重治/岩井潤一
お姉さん 橘いずみ
トーマス 戸田恵子
ゴードン 内海賢二
パーシー 中島千里
トップハム・ハット卿 宮内幸平

挿入話

1日目
  1. トーマスのしっぱい
  2. トーマスとさかなつり
  3. トーマスとバーティーのきょうそう
  4. ゴードンみぞにはまる
  5. ゆうれいきかんしゃ
2日目
  1. とりのこされたしゃしょう
  2. きかんこのもめごと
  3. おおきなきかんしゃとてんしゃだい
  4. がんばりやのエドワード

挿入歌

メモ

  • メービスオリバーバルジーが紹介され、バルジーが「バルギー」と誤訳されています。
  • 第3シーズンの予告映像では未公開映像[4]も公開されました。
  • 当番組で初公開した「ぼくはきかんしゃトーマス」は、権利を取得せずにミュージック・ビデオを制作してしまったため、後に問題になりました[1]

スタッフ

プロデューサー ブリットオールクロフト
ディレクター デイビッド ミトン
音楽 マイクオドナル&ジュニアカムベル
美術 ボブゴールドギャリアーズ
撮影 テリーパーメイン
脚本 笹本妙子
企画 藤田洋一
構成 小川美篤/笹本妙子
総合演出 菅野温夫
イギリスロケ
CA マーテイン・ポーター
VE キース・ダビーシャー
ドライバー ビート・ブラントフォード
コーディネーター スー・ハドソン/藤原真理子/カタリーナ・ブランナガル
撮影協力 ブリットオールクロフトグループリミテッド/FCIロンドン
技術
SW 中川清幸 (八峯テレビ)
CA 猿田智/富田武司
AUD 首藤弘二
VE 田中孝生
照明 河原敬司 (採光)/中原淳一
編集 石川好己 (TDKビデオセンター)/森田誠
MA 上村利秋 (アバコクリエイティブスタジオ)
音響効果 長谷川龍 (NOISE)
美術
プロデューサー 山田茂夫
美術進行 船場文雄
制作
プロデューサー補 下田かおる
AD 田口勝巳/長田志保/春名慶
TK 加藤京美
ディレクター 木藤信吾/山崎敦基
プロデューサー 筧達二郎/峰一郎
協力 日本航空/英国政府観光庁/KENSINGTON, Inc.
出演協力 青二プロダクション
制作協力 フジテレビプロジェクト/日本テレワーク
制作著作 フジテレビ

画像

脚注

  1. 1.0 1.1 ポンキッキ・デイズ③ ガチャピンの部屋編 Part2 チャプター3
  2. イギリスの人々の服装から推定。
  3. 第3シーズンの英国版エンドクレジットに、「A Britt Allcroft production in association with Fuji Television Network Inc.(訳:ブリット・オールクロフト社とフジテレビの共同制作)」と表示されます。
  4. おくれたゆうびんしゃ」のトーマスがティドマス・ホルト駅に到着するシーンなど。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。