Fandom


第1シリーズの3話については「でてこいヘンリー」をご覧ください。

The Sad Story of Henry(邦題:なさけないヘンリー)は、BBC (英国放送協会)が1953年6月14日に制作・放送したテレビ番組。

概要

1953年5月、BBCが『The Railway Series』の出版社に一通の手紙を送ります。その手紙には、「The Three Railway Enginesから2話を抜粋して、6月14日と28日に子供向け番組『Children’s Hour』内で放送したいと検討している」や「1分あたり1.00ポンドの放映権料を支払う」、「10分の放送時間に収まるよう脚色するかもしれない」などと書かれていました。また、「撮影にはHornbyのOOゲージを改造したものを使用する」、「イラストに出来るだけ似せるが、完全に同じわけではない」とも書かれていました。担当編集長のエリック・マリオットは、完璧主義者のオードリーが「出来るだけ似せる」という事に反発すると思い、BBCに「模型は出版社で改造するので模型を送ってほしい」と要請しました。 BBCは6月10日のリハーサルまでに製作して、スタジオに持ち込むようエリックに告げました。 模型製作は、オードリーとともにソドー島立体模型地図を作ったP・R・ウィッカムを中心に行われました。 6月10日、マリオットは改造した模型と鉄道効果音の入ったレコードをスタジオに持ち込みました。

6月14日、ジュリア・ラングのナレーションによって『The Sad Story of Henry』が放送されました。 しかし生放送だったこともあり、番組は最悪のものでした。オードリーは当時の様子を次のように語っています。

私の家族は全員12インチのテレビの前に集まり、ワクワクしながら放送の開始を待ってたんだ。やがてナレーションがはじまり、機関車が画面に向かって走ってきたよ。すると、スタッフがレールの分岐点を切り替えるのを誤って、機関車は見事に脱線してしまったんだ。すると、なんと巨大な手が画面に現れて機関車を線路に戻したんだよ!
—ウィルバート・オードリー

また、内容が大幅に脚色されてしまったり、無関係のジェームスが登場したりと不手際が続いたため、番組は第1回で打ち切られてしまいました。

映像

本作は生放送だったこともあり、作品そのもののVTRは残っていません。

登場

キャラクター
場所

メモ

Once an engine attached to a train,
Was afraid of a few drops of rain.
The points weren't set right,
It came off with a fright,
And a hand put it back on again.

画像

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。