Fandom


ガートルードミリセントは、ミッド・ソドー鉄道に所属していた双子の客車。アグネス達とは違って、4軸のボギー客車です。

登場

汽車のえほん

メモ

  • サー・ハンデルは、この2台がお気に入りで、いつも牽引しています。
  • ミリセントには車掌が乗務して切符を販売していますが、ピーター・サムは車掌が狭い所にいるのを気の毒に思って、車掌車が必要だと考えています。

台詞

サー・ハンデルは、ガートルードとミリセントがおきにいりで、いつも2だいだけをつれていこうとするんです。この2だいはボギー客車なので、サー・ハンデルは、これこそほんとうの客車だっていうんです。2だいをひいていると、急行をひいていたむかしのことをおもいだすんでしょうね。ミリセントには車しょうものって、ものおきような、せまいところできっぷをうったりしてるんです。車しょうさんたいせつでしょう。それを、せまいところにおしこめておくなんて、よくないですよ。きちんとした車しょう車がひつようですよね。
スカーロイに2台の説明をするピーター・サム

画像

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。