Fandom


何度も言うけれど、デュークはもういないんだよ。立派で堂々としていたけれども、スクラップにされてしまったんだ。
ダック、『100さいの機関車』ダックと公爵

ザ・デュークスは、グレート・ウェスタン鉄道(GWR)3252形蒸気機関車。各車の固有名から、デューク級(Duke Class)とも呼ばれています。

GWRの機関車総監督ウィリアム・ディーンによって設計され、1895年から1899年の間に58両が製造されました。

しかし徐々に“デューク級”を改良した後継機に置き換えられ、1951年には全車両が廃車となったため、現存していません。

後継機にあたる3200形(アール級)が唯一現存しています。

汽車のえほんでは「ザ・デュークスはスクラップになった」とダックが言及しました。ピーター・サムは、公爵(デューク)が“スクラップ”になったと誤解してしまいました。

登場

汽車のえほん

画像

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。