Fandom


7号機関車については「アイボ・ヒュー」をご覧ください。
ヒューさんは、スカーロイ鉄道の作業長。本名はアイボ・ヒューといい、7号機関車の名前の由来となりました。

登場

汽車のえほん

親族

  • 父親はデビッド・ヒュー1世(David Hugh I)で、同じくスカーロイ鉄道の作業長でした。同鉄道が経営難の時はほっそり重役と共に機関士機関助士として活躍しました。1951年に引退し、息子のアイボが引き継ぎました。
  • 息子はデビッド・ヒュー2世(David Hugh II)で、現在のスカーロイ鉄道の作業長です。1950年に誕生し、祖父に因んで命名されました。1991年に仕事を引き継ぐまで、調整係として父親アイボの足跡をたどりました。父親にちなんで命名された7号機関車の組み立てを担当しました。

メモ

  • ヒュー一家は、1900年から現在までタリスリン鉄道で働いているタウインのジョーンズ一家をモデルとしています。
  • アイボ・ヒューは、1930年代から1973年までタリスリン鉄道で機関士や機関助士として働いていたヒュー・ジョーンズ氏やジョン・ベイツ氏(保存鉄道化後の初代のCME)、トム・ローレット氏をモデルとしています。

画像

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。