汽車のえほんきかんしゃトーマスに登場したマイナーな機関車。

パーシーの幽霊機関車

Percy's Ghost Engine

…それでさぁ、毎年、事故のあった日になると、みんなに注意でもする様に走って来て幽霊みたいな悲鳴を上げながら通り過ぎて行くんだよ…
パーシーゆうれいきかんしゃ

パーシーの幽霊機関車は、パーシーがトーマストビーに話した機関車。トーマスは信じず、パーシーは機関士から作り話だったことを明かされてガッカリしました。その後、石灰の荷車に衝突し石灰塗れになったパーシーは、幽霊機関車のふりをしてトーマスを怖がらせました。

登場

汽車のえほん
テレビシリーズ

メモ

  • テレビシリーズでは、パーシーの撮影用模型に白い吹き流しをつけ、エドワードの汽笛を流用しています。

画像

ラスティーの幽霊機関車

Rusty's Ghost Engine
昔々、小さな機関車が家路を急いでいた。霧が立ち込めた満月の夜の事だった。古びた鉄橋を渡っていた時、突然ブレーキが利かなくなり、真っ逆さまに谷底に転落した。…機関車は見つからなかった。それから、満月の夜になると家路を急ぐ小さな機関車が目撃された。でも、その機関車が鉄橋を渡り切る事は、決して無い…。
—ナレーター、まんげつのよるのできごと

ラスティーの幽霊機関車は、ラスティーダンカンに話した機関車。その後、ダンカンが夜光虫を幽霊機関車と勘違いしてしまいました。

登場

メモ

画像

エドワードの幽霊機関車

Edward's Ghost Engine

ハロウィンの夜になると、幽霊機関車が精錬所に戻って来て、無くした汽笛を探し廻るんだ。ポ~…!ポ~…!
—エドワード、こわがりなきかんしゃ

エドワードの幽霊機関車は、エドワードが他の機関車達に話した機関車。

登場

メモ

  • ドナルドかダグラスの撮影用模型の炭水車とネームプレートを外した物で、彼らの驚いたフェイスマスクを流用しています。

画像

ハロウィン機関車

The Halloween Engine

ハロウィン機関車は、ハロウィンの夜になると現れる幽霊機関車。

登場

メモ

画像

アーネスト

Earnest

アーネストは、トップハム・ハット卿の自宅とファークァー駅長の家に飾られていた絵画の機関車。

登場

メモ

  • アーネストはモデル機が無いフリーランスの機関車ですが、グレート・ウェスタン鉄道『ノース・スター』に似ています。
  • アーネストの絵画は、ビクトリア調にロバート・ゴールド・ガリアーズによって描かれ、大きさは約80×60mmでした[1]
  • 2017年、ロバート・ゴールド・ガリアーズは、製作中にアーネストには名前が無く、彼が「アーネスト」と命名したことを確認しました。
  • アーネストは、テレビシリーズで最初のヒゲのある機関車でした。

画像

ヒロの友達

Hiro's Friends

「あなたには友達がいますか?」
「ああ、居るとも。故郷にね。」
伝説の英雄、パーシーとヒロ

ヒロの友達は、ヒロの昔いた鉄道で働いていた機関車。

登場

丸太の機関車

The Log Engine

しゃりんが ただの まるたでしょ
とびだせ!友情の大冒険レキシー

丸太の機関車は、レキシーで登場した機関車。

登場

メモ

  • 日本語版とは異なり、英語版ではレキシーは「We knew a guy who was built To run on logs!(私達は丸太の車輪を持った男を知っています)」と歌っています。

脚注

  1. ロバート・ゴールド・ガリアーズのインタビュー”. 2015年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。