レジナルド・ペイン(Reginald Payne)は、機関車トーマスの初代画家で、汽車のえほんの2代目画家。

概要

『機関車トーマス』を出版するにあたって、前任のウィリアム・ミドルトンでは挿絵が不十分だったため、エドモンド・ウォード社によってレジナルド・ペインという人物が選ばれました。

オードリー牧師が作ったおもちゃのタンク機関車(レプリカ)

ペインは、オードリー牧師が作ったおもちゃのままでは挿絵にできないと考え、ロンドン・ブライトン&サウス・コースト鉄道のクラスE2をモデルにトーマスを描きました。

LB&SCR E2 class(1924/05/17)

ペインの挿絵は、前巻と違って多くの人を魅了しました。彼が「トーマスや汽車のえほんの基礎」を築いたといっても過言ではないでしょう。

ポイントレールは非現実的でしたが、ペインのリアルな挿絵にオードリー牧師は満足しました。次巻の『赤い機関車ジェームス』もペインが担当する予定でしたが、当時勤めていた海軍関係の仕事で神経衰弱になってしまい、降板を余儀なくされました。

1950年頃の重版から、3代目の挿絵画家のレジナルド・ダルビーの挿絵(殆どペインの挿絵の丸写し)に差し替えられました。

メモ

画像

参考

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。