Fandom


岡田 忠明(おかだ ただあき、1952年3月5日-)は、ソニー・クリエイティブプロダクツ企画部チーフ・プロデューサー[1]

経歴

  • 1975年 - 多摩美術大学 美術学部 絵画科日本画専攻 卒業
  • 1977年 - 多摩美術大学大学院 美術研究科<修士課程>修了 芸術学修士
  • 1977年 - CBS・ソニーに入社し、クリエイティブ・プロダクツ事業部に配属。翌年の事業部独立により、ソニー・クリエイティブプロダクツ(SCP)勤務となる。
  • 1991年 - SCPがブリット・オールクロフト社と「トーマス」のライセンス契約を結ぶと、企画部チーフ・プロデューサーとして「トーマス」のマーチャンダイジングやライセンスビジネスに関わる。
  • 1998年 - グローバル・ライツ[2]に人事異動。RD部長、取締役を経て、代表取締役社長に就任[3]
  • 2003年 - 同社が戦略的再編によりSCPと合併・会社解散。ソニー・ミュージックグループを退社。
  • 2003年 - オリエンタルランドに入社。OLC・ライツ・エンタテインメントを設立し、代表取締役社長に就任[4]
  • 2004年 - 東京妙案開発研究所に入所、取締役右脳研究員に就任。
  • 2009年 - LIMA日本支部のアドバイザリー[5]やライセンシング・アジア実行委員会の理事[6]を務め、講演も行う[7]
  • 2011年 - 多摩美術大学校友会の理事に就任[8]
  • 2013年 - 多摩美術大学校友会の会長に就任[9]

メモ

コメント

(トーマスの市場規模をお話ししていただけますでしょうか?)
日本におけるトーマスの市場規模で過去何年[10]かあるんですが、その中で一番大きかった年が市場規模で170億円ほどの規模になりました。
—1995年『The Thomas the Tank Engine Man』
(How much is the market worth for Thomas toys in Japan?)
According to some statistics the largest sales figure is around 170 million dollars.
—1995年『Thomas the Tank Engine Man』(英語字幕)

脚注

  1. 1.0 1.1 “「きかんしゃトーマス」を世界行脚して広める B・オールクロフトさん”. 日経流通新聞 (1992年8年29日)
  2. 株式会社グローバル・ライツ”. 2003年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ
  3. グループ会社の役員人事について”. ソニー・ミュージックエンタテインメント (2000年8月16日)
  4. 株式会社OLC・ライツ・エンタテインメント”. 2004年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ
  5. 「ライセンシング アジア 2009」開催決定”. 2009年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ
  6. 「ごあいさつ」ライセンシングアジア2009”. 2009年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ
  7. 丸の内インタラクションプロジェクト 2009summer『Art meets Life, Life meets Art, by Business』
  8. これまでの理事”. 多摩美術大学校友会 (2011年〜2013年 参照)
  9. 9.0 9.1 多摩美校友会 会報誌「alT」No.19(PDF)”. 多摩美術大学校友会 (2013年11月19日)
  10. 10.0 10.1 SCPがマーチャンダイジングを始めた1991年10月から取材前年の1994年までの某年。

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。