Fandom


桑原 三郎(くわばら さぶろう、1926年12月20日-2009年1月21日)は、日本の翻訳家。1973年から1981年まで、清水周裕と共著で『汽車のえほん』全26巻を翻訳しました。

翻訳

  1. 三だいの機関車(1973年)
  2. 機関車トーマス(1973年)
  3. 赤い機関車ジェームズ(1973年)
  4. がんばれ機関車トーマス(1973年)
  5. やっかいな機関車(1973年)
  6. みどりの機関車ヘンリー(1973年)
  7. 機関車トービーのかつやく(1974年)
  8. 大きな機関車ゴードン(1974年)
  9. 青い機関車エドワード(1974年)
  10. 四だいの小さな機関車(1974年)
  11. ちびっこ機関車パーシー(1974年)
  12. 八だいの機関車(1974年)
  13. ダックとディーゼル機関車(1974年)
  14. 小さなふるい機関車(1974年)
  15. ふたごの機関車(1974年)
  16. 機関車トーマスのしっぱい(1980年)
  17. ゆうかんな機関車(1980年)
  18. がんばりやの機関車(1980年)
  19. 山にのぼる機関車(1980年)
  20. 100さいの機関車(1980年)
  21. 大きな機関車たち(1980年)
  22. 小さな機関車たち(1980年)
  23. 機関車のぼうけん(1980年)
  24. 機関車オリバー(1980年)
  25. きえた機関車(1981年)
  26. わんぱく機関車(1981年)

訳者紹介

桑原三郎くわばら さぶろう
1926年 群馬県に生まれる。
1948年 慶應義塾大学卒業。
1965年 British Council Visitorとしてイギリス留学。
児童文学研究家。文学博士。
主要著書「赤い鳥研究」(小峰書店)「イギリスの義務教育」「諭吉・小波・未明」「赤い鳥の時代」「少年倶楽部の唄」(慶應通信)。

—1991年再版の奥付より

コメント

この絵本をよむ子供達は、いつのまにか、自分が機関車になったつもりで、いろいろなぼうけんをたのしむことでしょう。しかし、ただたのしむだけでなく、いろんなことを勉強しているにちがいありません。子供ずきで、親切で、健康な心をもった大人が、子供たちに願うことを、この絵本は見事に表現していると思います。なお、翻訳にさいし、京成電鉄取締役 黒岩源雄氏に種々お教え頂きました。記して心からの謝意を捧げる次第です。
—桑原三郎、『ふたごの機関車』(旧版:ISBN 978-4-591-00577-4)「訳者紹介」

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。