Fandom


メインページ
汽車きしゃのえほんは、ウィルバート・オードリーと息子・クリストファーが作り上げた、イギリスの架空の島・ソドー島で活躍する顔と意思を持った機関車や自動車などと、それに関わる人々を描いた絵本。テレビシリーズ「きかんしゃトーマス」の原作にあたります。

日本での翻訳・出版の経緯

1965年1月から1967年7月まで、オックスフォード大学東洋研究学部 日本研究科講師兼留学生として、清水周裕は家族と一緒にイギリスに在住していました[2]。オックスフォードの本屋の店先で『The Railway Series』を見つけ、それ以来親子[+ 8]で愛読していました[1]

時を同じくして桑原三郎も1965年4月から翌年2月まで、イギリスに留学していました[2]。桑原は時々、清水の家庭に招かれて食事を共にしていたようです[3]

1972年4月から7年間、清水は桑原の依頼で、慶應義塾幼稚舎で英語を教えました。この時期に、清水は桑原に『The Railway Series』の共訳を提案したようです。桑原の快諾とポプラ社の協力、チャールズ・イー・タトル商会の翻訳権仲介を得て、翻訳作業が始まり[2]、1973年11月10日[4]に『汽車のえほん』として出版されました。

また黒岩源雄による鉄道用語についての監修を得た[1]ことで、英米で単語の相違が激しかった鉄道用語の翻訳が「はつらいしんごうき(発雷信号機)」「かんしょうき(緩衝器)」などと正しく訳されています。

旧版は、2001年頃[5][6]品切重版未定となりました。

2005年3月には、「原作出版60周年」を記念して、大判化、キャラクター名[+ 9]や文章の修正[+ 10]などの“リニューアル”が行われた新装版が刊行を開始し[7]、翌年1月までに15巻が出版されました。なお、当初は15巻以降も刊行予定[8]でしたが中止されました。

2010年12月には、全26巻がミニ新装版として発売されました。

2013年には、日本出版40周年を記念して全26巻を1冊にした『汽車のえほんコレクション』が発売されました。

刊行リスト

  1. 3だいの機関車(1973年11月10日)
  2. 機関車トーマス(1973年11月10日)
  3. 赤い機関車ジェームス(1973年11月10日)
  4. がんばれ機関車トーマス(1973年12月10日)
  5. やっかいな機関車(1973年12月10日)
  6. みどりの機関車ヘンリー(1973年12月10日)
  7. 機関車トビーのかつやく(1974年4月)
  8. 大きな機関車ゴードン(1974年4月)
  9. 青い機関車エドワード(1974年4月)
  10. 4だいの小さな機関車(1974年7月)
  11. ちびっこ機関車パーシー(1974年7月)
  12. 8だいの機関車(1974年8月)
  13. ダックとディーゼル機関車(1974年8月)
  14. 小さなふるい機関車(1974年11月)
  15. ふたごの機関車(1974年11月)
  16. 機関車トーマスのしっぱい(1980年8月)
  17. ゆうかんな機関車(1980年8月)
  18. がんばりやの機関車(1980年9月)
  19. 山にのぼる機関車(1980年9月)
  20. 100さいの機関車(1980年10月)
  21. 大きな機関車たち(1980年10月)
  22. 小さな機関車たち(1980年11月)
  23. 機関車のぼうけん(1980年11月)
  24. 機関車オリバー(1980年12月)
  25. きえた機関車(1981年1月)
  26. わんぱく機関車(1981年2月)

脚注

注釈
  1. 1.0 1.1 第27巻~第42巻、その他書籍。いずれも日本未発売。
  2. 兄・ウィルバートとの共著『The Island of Sodor: Its People, History and Railways』。日本未発売。
  3. 初版・1945年~1950年出版の『3だいの機関車』。1950年にレジナルド・ダルビーの絵に差し替え。
  4. 初版・1946年~1949年出版の『機関車トーマス』。1949年にレジナルド・ダルビーの絵に差し替え。
  5. 桑原三郎が「訳者紹介」で謝辞を述べているのみで、ノンクレジット。
  6. 1945年~1967年。ニコラス・ケイ社と合併して、ケイ&ウォード社に移管。
  7. 1948年~1989年。ウィリアム・ハイネマン社に移管。日本語版の版権でも確認できます。
  8. 清水周英、1963年11月14日 生まれ。慶應義塾大学ラグビー部でスタンドオフとして活躍した選手。1985年のラグビー日本選手権でトヨタ自動車を破って優勝しました。
  9. ジェーム→ジェームス、トビー→トビー、テンス→テレンス、スカローイー→スカーロイ、リーニアス→レニアス、サー・ハンル→サー・ハンデルなど。
  10. 本文が大幅に見直されられている他、題名が漢数字から算用数字に変更されました。だいの機関車→3だいの機関車、だいの小さな機関車→4だいの小さな機関車、だいの機関車→8だいの機関車など。
出典
  1. 1.0 1.1 1.2 旧版『ふたごの機関車』「訳者紹介
  2. 2.0 2.1 2.2 桑原・清水両先生の『汽車のえほん』翻訳の真相・補遺
  3. 桑原・清水両先生の『汽車のえほん』翻訳の真相
  4. ポプラ社 2013年版『きかんしゃトーマスの本』裏面のカレンダーでは、“※11月9日は、1973年にはじめて「汽車のえほん」シリーズが出版された日。”と記載されていますが、初版奥付には“1973年10月30日 印刷/1973年11月10日 発行©”と書かれています。
  5. トーマス大図鑑 2001』P87「汽車のえほん」に“※このシリーズは現在品切れです。”と記載あり。
  6. 復刊ドットコム汽車のえほん』の登録日(2001/05/29)のskyskysky氏のコメントによれば、当時の品切れは《1〜7、9、10、15、22》巻の11冊。
  7. ポプラ社新刊だより”. 2005年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ
  8. ポプラ社 2005年版『きかんしゃトーマスの本』には、「⑮ふたごの機関車(2006年1月刊行予定)」の横に“※以下続刊予定(刊行日は未定)”と記載されています。

外部リンク


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。