Fandom


長編第12作については「走れ!世界のなかまたち」をご覧ください。
走れ!トーマスとなかまたち 蒸気機関車は生きているは、2005年7月23日に放送された第926回の日立 世界・ふしぎ発見!

内容

今から60年前、機関車トーマスと仲間たちが活躍する「汽車のえほん」が出版されました。作者はオードリー牧師。以来トーマスの物語は世界中の子どもたちに愛されてきました。現在も鉄道は私たちの大切な交通機関ですが、ほとんどが電車に代わってしまいました。しかし蒸気機関車発祥の地であるイギリスでは、機関車を愛する人たちに大切に守られ、今も現役で走っている蒸気機関車が数多くあるというのです。そんな蒸気機関車の故郷イギリスに向かったレポーターの濱田岳さんは17歳の誕生日を迎えたばかり! ミステリーハンターに初挑戦です。
—公式サイト

出演

ミステリーハンター 濱田岳[1]
スーパー・クイズマスター 草野仁
番組アシスタント 小林麻耶(TBSアナウンサー)
解答者 黒柳徹子
板東英二
宮本亜門
ソニン
土田晃之
野々村真

声の出演

森本レオ ナレーター
仲木隆司 パッフィング・ビリー/クリストファー・オードリー/登山鉄道の乗客/コリン・ダニエルズさん
小室正幸 フライング・スコッツマン/マンクス電気鉄道の路面電車/ロッホ/ロジャー・ホワイトハウスさん
辻村真人 ロケット号/スネイフェル登山鉄道電車/クライブさん
川島得愛 マラード号
前田敏子 ダグラス馬車鉄道
恒松あゆみ レベッカさん

インタビュー

場所

クイズ

問題正解視聴者プレゼント[2]
1 蒸気を利用して広まった娯楽とは?メリーゴーランドウェジウッド製 トーマスセット[3]
2 機関車の名前となったファッションとは?ブルマサイン入り トーマス絵本セット[4]
3 列車が遅れるため 禁止されそうなことは何?キスブルーベル鉄道の帽子&
トーマス木製レールセット[5]

コメント

物語は全て実話に基づいています。だから飽きが来ないのです。イギリスでは機関車のエピソードには事欠きませんからね。父は自分の経験や新聞記事、読者の手紙を物語に取り入れていきました。
クリストファー・オードリー、トーマスの人気の秘密は“リアリティ”
有名なエピソードがあります。オードリー牧師がボランティアをしていた時、最終列車に売店のおばさんを乗せて帰る約束を忘れて、発車させてしまったのですよ。それは絵本にも出てきます。他にもエピソードはたくさんあるんですよ。
—ロジャー・ホワイトハウス、オードリー牧師のタリスリン鉄道での出来事について

使用された映像

使用された楽曲

メモ

スタッフ

海外取材
ロケ演出 工藤加奈子
撮影 笠井和彰
VE 金子豊明
コーディネーター Simon Prentis
リサーチ 大川恵子
演出補 三好雅信
ナレーター 森本レオ/加藤優子
声の出演 小室正幸/川島徳愛/辻村真人/恒松あゆみ/仲木隆司/前田敏子
協力 National Museum of Science and Industry/Isle of Man Department of Tourism and Leisure/©2005 Gullane Thomas Limited/ヴァージン アトランティック航空
撮影協力 株式会社 ポプラ社/毎日新聞社/UPI/APL
スタジオ
構成 藤岡俊幸
音楽 越部信義
編曲 内藤慎也
TD 広瀬正行
CAM 平井洋子
VE 酒井克巨
AUD 原田 光
LD 山本和宏
特機 サークル
VTR編集 小野貫志
MA 森岡浩人
音響効果 溝口博子
タイトルCG 綿川尚明/安田孝裕/河合完治(アニメーションスタッフルーム)
CG 丸 義則/國島宣弘
美術プロデューサー 飯田 稔
美術デザイン 西條 実
美術制作 平原道夫
装置 鈴木匡人
メカシステム 大谷圭一
電飾 藤山雅夫
衣装 早船光則
宣伝 河野裕之
衣装協力 DAIMARU/Ruaxkc/永島服飾株式会社/メンズプラザ アオキ/810アメリカ屋/TERRIT/Time is on/E/Blueberry/MUSKOKA/imac/R
演出補 杉山哲也/中西 朋
TK 阿部直子
キャスティング 佐藤志保
総合デスク 冨吉雅成/五十井 菊/今山典子
制作補 草地正典
海外プロデュース 黒田亜紀/神田望美
制作 菅沼直之/加藤敏浩
制作統括 岩垣 保/大塚修一/佐藤寿一
制作統括 本郷幸高
プロデューサー 重延 浩
製作 テレビマンユニオン/TBS

脚注

  1. TBSが2005年3月まで放送していた『3年B組金八先生 第7シリーズ』で濱田が演じた役名「桜中学3年B組 狩野伸太郎」が先に表示されました。
  2. 各プレゼントには「番組特製 クリスタル・ヒトシ君」も含まれていました。
  3. 関連会社のCoalport社製造のThomas & Friends: 60 Years「Breakfast Set」と「Woney Box」
  4. クリストファー・オードリーのサイン入りの以下4冊。
    題名
    30More About Thomas the Tank Engine 1986年1998年版
    37Henry and the Express(?) 1993年
    40New Little Engine 1996年
    -Sodor: Reading Between the Lines 2005年
  5. 電動トーマス/電動パーシー/電動ジェームス/電動レディー/ヘンリー/ゴードン/パーシー/デリック/レディー/ファーガス/ハーヴィー/ソルティー/トップハム・ハット卿と駅員セット/レール

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。